logo

良い意味で予想を裏切る会社だと思います。

シニアコンサルタント

澤田 拓也TAKUYA SAWADA

大学院卒業後、大手ITベンダーを経てDirbatoへ参画。
現在は大手ゲーム会社におけるオンラインゲームのシステム開発業務に従事。

仕事が楽に感じたのが怖かった

前職は普通のITベンダーでずっと同じお客様の担当をしていました。最初はWebサイトの開発プロジェクト。2年目でリーダーを任されるようになり、4年目からはお客様側に社員代替でアサインされて、3年ぐらいプロジェクトマネジメントやベンダーコントロールをしていました。後半はほとんどコンサルがやるようなPMO業務ですね。お客様サイドに深く入り込むことで、普通のベンダーではわからないお客様の視線も理解できました。

会社には評価されていましたが、あるとき「最近、仕事が楽だな」と感じる瞬間があって。楽なままでは成長しないぞ、置いていかれるぞ、と怖くなってしまったんですよね。それでちょっと就職活動をしてみたら、Dirbatoで就職を決めてしまい、今に至る……という。

道なき道を進むことが面白い

自分が成長するためには、やったことがないことをどんどんやっていく必要があると思ったので、未だ道なき道をつくることが求められるDirbatoに飛び込むことを考えました。こう見えて上昇志向があって、刺激がある仕事がしたいんです。当社はマニュアルやルールもまだまだ未整備。自分で道を作っていく面白さは今も感じますね。技術的にもどんどん新しいことに取り組んでいきたいです。

開発をやるとは思っていなかった

いまはゲーム会社でオンラインゲームの認証周りのシステム開発のプロジェクトにアサインされています。前職で触っていたシステムがレガシー感溢れるフレームワークを使ったものだったので、新鮮な気持ちで日々勉強の連続ですね。面白いです。

入社前に「開発をやるかも」とは聞いていましたが、それでも本当に開発をやるとは思っていなかった(笑)。もちろん自分のスキルを見てアサインされているので無茶振りではないですが、普通のコンサルファームよりも仕事の幅が広いと思います。コンサルといえば「パワポ使うんでしょ? WBS管理するんでしょ?」みたいなイメージが強いと思うんですが、当社はそのイメージを良い意味で裏切る会社なのかな。

会社に無茶振りされてみたい

将来的にはコンサルっぽいイメージにハマる仕事もしてみたいですね。パワポを作って経営層向けにプレゼンをするとか。でも、自分の成長に繋がるものであれば仕事はなんでも良いと思っています。今も新しい技術に触れられることにやりがいを感じていますし。正直もっと会社に無茶振りされてみたいとも思っています(笑)。大企業では安定が得られる一方で、チャレンジが少ない。組織自体も変化が多くないですよね。スピーディに物事を決めていく必要があるスタートアップは「変わらないストレス」がないです。

尖った人と働いていきたい

技術であったり、提案力であったり、尖ったスキルを持った人と働きたいですね。それが自分の成長につながっていくと思うし、いろんな人を受け入れられる人になっていきたいです。理想はいくら多忙でも忙しいオーラを出さない人。やっぱり忙しいオーラがでていると声をかけづらくなる人もでてきちゃうと思うので。いつでも相手の話を聞いてあげられる心の広さをもったマネージャーを目指したいです。

新規事業は絶対に関わりたいですね。今時点ではノーアイデアですけど(笑)。転職しなかったら絶対に見えてなかった風景を見てみたい。せっかく新しい会社なので、どんどんやることの幅を広げたほうが楽しいんじゃないかな、と思っています。